鉄骨鳶の安全対策について | コラム | 新潟県北蒲原郡聖籠町 佐々木駅【株式会社細山建設】

コラム

鉄骨鳶の安全対策について

2021.11.28


鉄骨鳶は、重い鉄骨を持ったり、高所で作業したりと危険が伴う仕事内容です。
効率よく安全に作業するには、しっかりとした安全対策が必要です。
ここでは、鉄骨鳶の安全対策について説明します。

▼鉄骨鳶の安全対策
高所で作業をする鉄骨鳶は、会社ごとに安全対策が講じられています。
しかし、それだけでなく、一人ひとりの安全に対する意識が重要です。
以下、意識したい安全対策について説明します。

ハーネスを着用する
高所で作業をするときは、ハーネスの着用が義務付けられています。
装着前にハーネス自体が古くなっていないか確認し、正しく装着します。

常に緊張感を持つ
気の緩みは事故につながります。
作業中は常に緊張感を持ち、危険のないように作業します。

チームワークを忘れない
鉄骨鳶はチームになって作業を行うことがほとんどです。
常にチームワークを意識し、みんなで作業していることを忘れずに行動します。

▼安全な作業をするために作業着や安全靴を選びましょう
高所で作業をする鉄骨鳶は、安全靴の着用が義務付けられています。
必ず自分に合った安全靴を着用し、作業の邪魔にならない作業着を選びます。

▼まとめ
鉄骨鳶は、危険な作業を伴います。
しかし、一人ひとりが安全に作業し、事前に対策をしておくことで、危険のない現場で仕事ができます。
弊社では、全社員が以上のポイントを意識して作業を行っております。
これから鉄骨工事を検討している方は、ぜひ弊社までご相談ください。

最新記事

  • New

    2022.08.01

    鉄骨鳶が選ぶべき革手袋

  • New

    2022.07.15

    鉄骨鳶が危ないと言われる理由

  • New

    2022.07.01

    鉄骨鳶におけるハーネスの重要性

  • New

    2022.06.15

    鉄骨鳶のインパクトドライバーとは

  • New

    2022.06.01

    鉄骨鳶の命を守る安全帯とは?

アーカイブ

CONTACTお問い合わせ

お見積りやご相談はお気軽にご連絡ください。

受付時間 9:00~17:00

定休日  日曜日・祝日