作業着の裾上げについて | コラム | 新潟県北蒲原郡聖籠町 佐々木駅【株式会社細山建設】

コラム

作業着の裾上げについて

2022.02.08


作業着の裾上げは大変そうだなと感じていませんか?
実は裾上げは自宅でも簡単に行うことができるんです。

▼作業着の裾上げについて
裾上げは3つの方法で行うことができます。
細かい作業が苦手な方でも簡単に裾上げできる方法もあります。

手縫いで裾上げ
家に針と糸があれば手縫いで裾上げを行うことができます。

【手順】
①縫いたい場所に目印をつける
②ズボンを折り返したらアイロンをかける
③まつり縫いで縫っていく
④5㎜~1㎝程度の感覚を空ける

ポイントは作業着が厚みのあるものの場合は太い糸で、作業着の色と近い色の糸を使うことです。

ミシンで裾上げ
自宅にミシンがあってミシンを扱える場合にはミシンで裾上げしましょう。

【手順】
①裾上げしたい場所に目印をつける
②折り返しアイロンをかける
③目印より4㎝程下を裁断する
④裁断した場所を三つ折りにする
⑤ずれないようにまち針で固定する
⑥開始位置とずれないように1周して縫う

ポイントは開始位置に重なるように丁寧に仕上げることです。
生地が厚い場合、厚地用の針と糸で行いましょう。

テープで裾上げ
針や糸などで自分で縫うのが苦手な方は、100円ショップでも販売されている裾上げテープで行えます。

【手順】
①裾上げしたい場所を確認する
②アイロンで折り目をつける
③裾上げテープを水にぬらす
④折り曲げた場所に少しずつアイロンをあて接着していく
⑤全面が終わると仕上げにアイロンで一気にプレスする

ポイントはテープには種類があるため、裏側の使用方法をきとんと確認しましょう。
裾上げは自分で簡単に行えますが、それでも心配な方は裾上げしてくれる専門のお店にお任せするのもおすすめです。

最新記事

  • New

    2022.08.01

    鉄骨鳶が選ぶべき革手袋

  • New

    2022.07.15

    鉄骨鳶が危ないと言われる理由

  • New

    2022.07.01

    鉄骨鳶におけるハーネスの重要性

  • New

    2022.06.15

    鉄骨鳶のインパクトドライバーとは

  • New

    2022.06.01

    鉄骨鳶の命を守る安全帯とは?

アーカイブ

CONTACTお問い合わせ

お見積りやご相談はお気軽にご連絡ください。

受付時間 9:00~17:00

定休日  日曜日・祝日