鉄骨鳶のインパクトドライバーとは | コラム | 新潟県北蒲原郡聖籠町 佐々木駅【株式会社細山建設】

コラム

鉄骨鳶のインパクトドライバーとは

2022.06.15


鉄骨鳶に関わらず、建設関係の仕事にはインパクトドライバーは欠かせません。
今回は、鉄骨鳶におけるインパクトドライバーについてお話しします。

▼インパクトドライバーとは
インパクトドライバーとは、電動のドライバーの事で、ネジ締め以外にも、穴を開けたりやすりをかけたりする事が出来ます。
建設業界では当たり前に使われていますが、ホームセンターなどにも安い物が売られていて、DIYをするにも欠かせない道具です。

▼鉄骨鳶のインパクトドライバー
鉄骨鳶の場合、インパクトドライバーを使う用途として、ネジ締めよりも、ボルトを締める際に用いられることが多いでしょう。
ボルトにもサイズがあり、大きさによってソケットの交換をしなければなりません。
最近では、ソケットの種類も豊富にあり、軸の太いものなども販売されています。

▼安全性
鉄骨鳶の仕事場は高いところでの作業になります。
道具ひとつを選ぶにしても安全性が無ければなりません。
通常のインパクトドライバーを使っては、ソケットの交換の際に道具を落下させる危険性もあります。
鉄骨鳶の場合、インパクトドライバーのソケットの交換は簡単にできるものであったり、交換する必要の無いも、軸が折れないような太い物を使うなどの工夫が必要です。

▼まとめ
鉄骨鳶とは危険性の高い仕事であり、道具ひとつひとつにも十分に配慮したものを使う必要があります。
インパクトドライバーを選ぶ際にも、安全性を考えた物を心掛けると良いでしょう。

最新記事

  • New

    2022.08.01

    鉄骨鳶が選ぶべき革手袋

  • New

    2022.07.15

    鉄骨鳶が危ないと言われる理由

  • New

    2022.07.01

    鉄骨鳶におけるハーネスの重要性

  • New

    2022.06.15

    鉄骨鳶のインパクトドライバーとは

  • New

    2022.06.01

    鉄骨鳶の命を守る安全帯とは?

アーカイブ

CONTACTお問い合わせ

お見積りやご相談はお気軽にご連絡ください。

受付時間 9:00~17:00

定休日  日曜日・祝日